美容整形によるしわの改善方法

年齢を重ねてくると気になるのが、しわという方も多いようです。
乾燥による小じわは化粧水などで保湿すると、ふっくらと元に戻るのですが、ほうれい線など大きなしわはスキンケアで改善されないと言われています。

肌の奥深くにある真皮層には、コラーゲンやエラスチンが網目状に張り巡らされており、それらが皮膚を中から支える事で、肌にハリや弾力を保っています。
しかし加齢によりコラーゲンやエラスチンの生成量が低下したり、紫外線のダメージでコラーゲンやエラスチンが変形してしまうと、皮膚を支える力が弱まり、結果しわが出来てしまうのです。

このコラーゲンやエラスチンに原因があるしわは、肌内部で起こっている為、スキンケアで改善する事が出来ないのです。
深いしわは美容外科で行われている、美容整形でしか治す事は出来ないと言われています。

美容外科では外科的な手術を行う方法と、成分を注入する方法とで改善するのが一般的です。
外科的な手術にはフェイスリフトという、美容整形が特に効果が高いと言われており、人気を集めています。

フェイスリフトはこめかみや耳の後ろなど、目立たない部分を切開し、皮膚を持ち上げる事でしわやたるみを解消する手術になります。

このフェイスリフトは皮膚だけでなく、皮膚内部の筋膜なども同時に引き上げる為、アンチエイジングの効果に優れているのが特徴です。

大幅に皮膚を持ち上げる事が出来る為、見た目年齢が10歳以上若返るケースも少なくありません。
また持続性も高く、10年程は若々しい顔をキープできると言われています。

ただ、皮膚を切開・縫合するといった外科的手術を行う為、抵抗を感じる方もいるようです。

このような方は成分注入法を、選ぶケースが多いようです。
成分注入法は、ほうれい線や目尻などしわが気になる部分にヒアルロン酸などの美容成分を注入したり、筋肉の動きを抑制するボトックスを注入し、しわを目立たなくする、また新たに作らせないような美容医療です。

成分注入法は注射器で成分を注入するだけなので、手軽に行える点がメリットとなっています。

このようにシワ改善には皮膚を切開するものや、成分を注入するだけのものなど方法に違いがあるので、自分に合った治療法を選ぶ事が大切と言えるでしょう。